スロットはどのように台を選ぶべきであるのか

スロットというのは、色々と選び方があります。一つが設定狙いです。スロットには1から6までの設定が決められます。大抵は1です。1が最も当たりにくいものであるからです。そして、6が最も当たり易いことになります。可能性としてはそうではあるのですが、はっきりいって、1でも勝つときはありますし6でも大負けすることはあります。ですから、設定はそこまで安定していない、つまりは荒い台の場合は気にしないでもよい、という人もいますがそれでも高いほうが確率は大きくなるのですから、基本的には狙うべきです。挙動からそれなりに判断はできます。しかし、これは低いとわかってももう引き返すことができないレベルのところまでいってしまうこともあります。そのあたりかスロットの難しいところであるといえるでしょう。どうするべきであるのか、というのはなかなか難しいですがあげ狙いとか示唆などをよく見て、狙うようにするとよいといえるでしょう。